オゾンクラスター1400

オゾンクラスター1400
オゾンクラスター1400は、オゾンマートが販売するオゾン脱臭機です。
その仕様を考慮すると、他社製品の半額程度でありながらも、取っての1つでさえタキゲン製を使う徹底した「日本製」であり、使い方がシンプルで分かりやすく、脱臭・除菌効果が高いことが人気となっているようです。
 
衛生及び清掃現場で脱臭、除菌、または消毒や殺菌は必須作業です。その際、必要不可欠な存在がオゾン脱臭機だということはご存知の通りですが、「一体どのオゾン脱臭機がおすすめなのか」という点についてご説明します。
 
オゾンの業界で実績があり、大手メーカーと呼べるのは「オーニット」「オゾンマート」「エコデザイン」の3社です。そして、オゾン脱臭機はこれまで大変高額なものでした。たとえば、オゾン生成量1,000mg/hr超えの製品は30万円以上は当たり前。中には40万円を超える製品もよく見かけました。もちろん、すべての製品がオゾン生成量だけで製品の善し悪しを判断できるわけではありませんが、その製品自体が他に大きな問題を抱えていない場合、基本的にはオゾン生成量に比例して製品の販売価格も上がっていくのが一般的だといえます。そんな中、オゾンマートが日本製で品質が高い製品の販売を開始します。
 
オゾンクラスター1400という製品は、そのオゾンマートが満を持して開発、販売を開始した製品になります。
 

オゾンクラスター1400とオゾンクラスター

「消臭オゾンクラスター」シリーズとオゾンマートが販売開始する「オゾンクラスター1400」はまったくの別物ですのでご注意下さい。「オゾンクラスター」ではなく、「オゾンクラスター1400」というのがオゾンマートの製品になります。外観もまったく異なります。
 

オゾンクラスター1400の口コミと評判

ネット上で、オゾン脱臭機の口コミや評判を探しても本来はなかなか見つかりません。それはメーカーや販売店に公表するほどの口コミや評判が集まらないことが大きな理由といえるでしょう。しかし、オゾンマートは各製品の口コミや評判を「お客様の声」として積極的にネットで公開していますし、オゾンマートとは全然関係ないおそらく清掃関係のお仕事をされているであろうか方のブログをみてもオゾンクラスター1400の口コミや評判は上々のようです。
 

今後のホテル・旅館等の宿泊業界

今後のホテル・旅館等の宿泊業界
たとえば、都内のビジネスホテルでは、数年前まで宿泊の数日前までにインターネットの予約サイトや直接電話などで連絡をすれば簡単に予約を取ることができました。しかし、今は違います。数週間前に予約をおさえておかなければ予約すら取れないというホテルが増えています。加えて、都内の宿泊費は数年倍の1.5〜3.0倍程度になっていますから驚きます。中でも週末をからめて予約を取ろうとすると、金曜日、土曜日の宿泊費用が平日の◯倍で驚いたという声もよく耳にします。にもかかわらず、稼働率は非常に高く、予約者はあとを絶ちません。
 
この傾向は2020年東京五輪まで変わらず、いや、ここからさらにその傾向は強くなるでしょう。そして、民泊問題。2018年現在でも民泊問題については業界関係者ご存知の通り規制がかかり始めています。しかし、政府はこれを東京五輪前に完全にシャットアウトすることはないでしょう。何故なら、東京五輪で一気に増加する海外観光旅行者の受け入れ体制の問題があるからです。
 
東京五輪開催にあわせて、ホテル建設が一部の地域で建設ラッシュです。しかし、それでも海外からの観光旅行者は宿泊先の確保が難しい状態になることから、民泊があれば一時的には「受け入れ体制」を担う存在になり得ると考えられているからです。一時的・爆発的に増加する海外からの観光旅行者を受け入れたあとはどうなるでしょうか。東京五輪開催を1つの目的としたホテル建設計画? 東京五輪後はどうなってしまうのでしょうか。民泊問題は一気に規制をかけて終わりで済むかもしれませんが、大なり小なりホテルという施設を建設したあと、そのホテルは業界で生き残っていけるのでしょうか。
 
そこで始まるのが「競争」です。
 
そのとき、もしくは直前では遅く、今から取り組むことを強くおすすめします。何に取り組むべきなのか、それは「差別化戦略」だということはこの問題を日頃から考えている方にはお分かりだと思います。では、ホテルや旅館などの宿泊施設にとっての差別化戦略とは何を指すのか。
 
もっとも大きな要素として、「衛生」と「快適」この2つが鍵となるでしょう。衛生とはつまり「安全」を指します。安全なくして「快適」はありません。そんなことは百も承知だと思われる方もいると思います。しかし、では、日頃からその部分について見直しや改善はできているのか。1年前の態勢より今日のほうがすぐれた衛生と快適をお客様にご提供できるているのか。もし、そうでないなら、今から見直すべきです。そして、そのことへの取り組みについて今から対策をし、またその取り組みを発信していきましょう。
 
今、「東京五輪まではお客様が増える一方」だと、何も対策をしないということでは、五輪後の生き残りをかけたビジネス戦争で姿を消すことになるかもしれません。是非、「当たり前」だと考えられていた部分で貴施設の新たな差別化戦略に取り組んでいただけたら嬉しく思います。
 
そんな中、アルコール噴霧器やオゾン脱臭機の導入、または今ある製品の見直しは先を見据えた大きなアドバンテージとなることでしょう。