「朝シャン」の盛衰

水・エネルギー消費量を押し上げた朝シャン
清潔ブームを象徴するのが「朝シャン」ブームでした。女子高生を中心に、毎朝出かける前に髪を洗う習慣が広まりました。

始まったのは85年ごろからで、「朝シャン」というネーミングを考えた資生堂が流行語大賞の表現賞を受賞したのが87年です。髪の毛の「清潔」が強調されて、少しでもにおったり、ベとつくことが嫌われ、若い女性ばかりでなく若い男性にも広がりました。

企業は競って朝シャン専用洗面台や吸水性を売り物にした朝シャンタオルなどの商品を発売しました。

87年の東京ガスの調査では、首都圏の女子高生に200人中187人が「毎日洗髪」し、そのうち33人は「一日2回」と回答しています。これは社会問題としても取り上げられました。総合エネルギー調査会エネルギー部会の中間報告「エネルギー利用効率化へ向けて」(90年6月)では、朝シャン流行が年間エネルギー消費量を73.5 万キロワット(原油換算)押し上げたとしています。

また90年1月の政府「冬季緊急省エネルギー対策」では、文部省を通じて朝シャンがエネルギー浪費につながることを小中学生に指導することが挙げられました。

大阪府水道部が91年に行った水使用調査では、「若年層の朝シャンを中心としたシャワー利用回数の増加」が大きな要因となり、給水量が急増しているとし、86年度と比べシャワー設置率が12.6ポイントあがり、シャワー付き洗面台が7.6パーセント普及し、「入浴以外のシャワー利用回数」が夏は平均週6回であると報告しています。

朝シャンは髪に悪い

こうした朝シャンは、果たして髪にいいのでしょうか。

一日2回も洗うのは明らかに洗いすぎです。回数だけでなく、一回につけるシャンプーの量が多すぎるということもあります。

朝の忙しい時間のため、すすぎが十分でなく、シャンプーが残ってしまうことによって髪にダメージを与えるということも指摘されました。

朝シャンに時間をとられて朝食を摂らないために栄養が不足するということも考えられます。朝シャンがピークを迎えた88〜89年当時の雑誌を見ると、朝シャンすると禿げるかどうかという「朝シャン=ハゲ論争」が誌面をにぎわせています。

そして、90年からは、「ダメージヘア」を取り上げた記事に移って行きます。結局、「朝シャン=ハゲ論争」は決着がつかなかったようですが、その後、朝シャンやら毎日髪を洗う習慣は着実に減り始めました。

朝シャンは減少したが

花王情報部の調査によると、女子高生で朝シャン派は88年が10.1パーセント、89年は14.1パーセントと上昇したものの、90年には13.5パーセント、91年には12.3パーセントと下降していきます。洗髪頻度も、「一日に1回以上髪を洗う」という人は88年が41パーセント、92年は56パーセントと減少しました。

シャンプーの出荷量も、通産省の生産動態統計によると、89年の約10万9000トンをピークにその後減っています。これは朝シャンしていた本人たちが、髪の毛のダメージを実感したためでしょう。

若い女性の関心は「ダメージヘア」「ヘアケア」へ移りました。化粧品メーカー「ドクターベルツ」が92年に行った調査では、「シャンプー回数は週4回」が49.2パーセントで、「毎日シャンプーすると髪が傷む、ぱさつく」というのが理由としてあげられました。

こうして朝シャンの過剰なブームは終息しました。しかし、いろいろな商品を次から次へと開発する企業にのせられて、髪の毛をいじくりまわすという状況に変わりはありません。

今では、さらさらヘアー、細くて軽い毛が理想とされ、日本女性本来の黒くてしっかりした髪は嫌われています。色も、金や茶のような明るい色に染めることが当たり前となりました。髪にとって受難の時代はまだまだ続きそうです。

自滅した朝シャン

朝シャンブームは一つの欠陥商品騒動も引き起こしました。

「朝シャンタオル」と銘打って発売された、極細の繊維を使った高吸水性のタオル(1500円から2500円程度)です。

小林製薬が88年に最初に発売し、大小さまざまなメーカーが参入し300億円市場にふくれあがりました。ところが、消費者から高吸水性に対する疑問の声があがりました。そこで通産省(現経済産業者)が90年5月から客観的な評価基準づくりを始め、91年2月25日に、吸水性の評価基準を定め、この基準をクリアする製品について「高吸水性タオル(洗髪用)」の統一表示を用いるよう業界を指導していくことを決めました。

吸水速度や吸水量から指数化し、指数値800以上を「高吸水性タオル」と呼ぶことにしたのです。そのときに市販の40銘柄の朝シャンタオルを試験したところ、11銘柄は基準をクリアしましたが、29銘柄は不合格でした。

通常の綿タオルでも指数は約570で、これを下回った銘柄も、17ありました。

新基準を受けて、業界団体の高吸水性繊維製品協議会(39社)は部内に審査委員会を設置、各メーカーが化学繊維検査協議会などで受ける検査結果をもとに、評価基準以上のものについて合格マークを交付していくことにしました。

しかし、朝シャンタオルは社会的信用を失い、朝シャンブームも去って、93年には売上高がピーク時の4割ぐらいにしぼんでしまいました。

中国で野菜を洗剤で洗っていること、日本での洗剤について

お隣の国、中国では野菜を洗剤で洗うことは当たり前のこととなっています。そのことについていろいろ調べてみましたのでここにまとめます。

中国では野菜は農薬まみれになっている

中国では日本と比べて明らかに農薬を多く使って野菜を育てているところがあります。ひどい場合には鳥が少し食べただけで、ひっくり返って痙攣するぐらいの農薬が付いている野菜もあります。

そのような野菜を食べる人たちはその農薬を除去するために、野菜を洗うことを目的とした洗剤を用いて農薬を落としています。私たちからすれば非常にえっと思う光景かもしれませんが、彼らからみれば普通のことです。輸出するものなどはこの農薬を多く使った野菜は輸出されることはありません。あってもほとんど途中で検疫などで引っ掛かるので、私たちの口に入ることは滅多にありません。非常に対岸の火事的な感じでみてしまうこの洗剤で野菜を洗うことは、実は私たちも経験してきた歴史があります。

日本で野菜を洗剤で洗うこと

現在の日本では主に科学的な農薬を使うことに抵抗がある消費者はかなりいます。もちろん農薬よりも値段が全てだという方もいるとは思います。しかし、過去をみていると中国のことを対岸の火事とはいえません。

事実戦後などは野菜に農薬を今の中国のように多く農薬を使ったり、衛生的に問題があったりしたため野菜を洗剤で洗っていました。ある意味日本の方が先にやっていたのかも知れません。そして、野菜を洗剤で洗うことは現在でもこの日本で行っても問題はありません。

もちろんお米を研ぐときに洗剤を入れて洗うという、料理ができない人が間違ってやることではありません。台所にちょっといって食器洗い洗剤の裏をみてください。商品にもよりますが、用途の欄に果物、野菜と書いてあるものがあります。つまり、食器洗い洗剤で洗うことができます。なお、ここで注意してほしいのはメーカーによって果物や野菜を洗う手順が違う場合があります。注意をしっかり読んで行う必要があります。戦後から現在までの流れとして食器洗い洗剤では野菜や果物を洗うことができるということです。

日本での野菜洗い洗剤

上では食器洗い洗剤で野菜や果物が洗えると書きましたが、今ホタテを原料とする野菜や果物を洗える洗剤があります。

実際日本では完全に農薬を使わない物しか食べないというのは、よほど注意していなければ難しいことです。自分で料理を作る人でも本当に生産者が無農薬であるかはわかりませんし、外食では店を信用するしかありません。

とにかく自分で農薬を野菜や果物から取り除きたい方のおすすめなのがホタテを原料とする野菜洗い洗剤です。原料がホタテの貝殻なので安心できる商品です。食器洗い洗剤のように科学的な成分を信用できない人もこれなら満足できるのではないでしょうか。ただし、オゾン水の方が数倍安全で確実性は高いです。

まとめ

中国や日本でも安全に野菜を食べたいために洗剤を使ったり、利用することができます。中国でのニュースをみて、対岸の火事であると思うのはやめましょう。

私たちにも同じようにしてきた歴史がありますし、農薬を全く使わない野菜しか食べることは難しいです。また、オゾン水だけではなく、紹介したホタテを使った野菜洗い洗剤を使うことでより農薬を取り除くことができます。今回を機会に考えてみてください。

感染症対策に有効な生活習慣を実践しましょう

私たちの日常には、多くのウイルスや細菌による感染症が数多く存在します。
 
毎年、多くの感染者が発生するインフルエンザ、ノロウイルスによる感染性胃腸炎やサルモネラ属菌、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌O157による食中毒、性行為によって感染するクラミジア感染症、梅毒、後天性免疫不全症候群(AIDS)など例を挙げるときりがありません。
 
大切なのは、病原体となるウイルスや細菌が体内に侵入し、発熱や嘔吐、下痢などの症状が発症してから医療機関で治療を行う対症療法よりも、私たちが普段の生活でこれらのウイルスや細菌から身を守ることが重要です。感染症は病原体や感染経路によってそれぞれ対策は異なりますが、共通する予防方法もあります。
 
インフルエンザなどワクチン予防接種がある感染症には、流行期前に予防接種を行いましょう。予防接種にはA類疾病、例えば、はしかや風疹、日本脳炎、結核などの接種の努力義務が課せられる疾病と、インフルエンザなどの個人予防の範囲にとどまるB類疾病があります。ワクチンの成分によるアレルギーやアナフィラキシーショックの有無や、そのときの体調、持病の状態に問題がなく、医師から接種が可能と判断された方は接種を検討しましょう。接種そのものには感染を防ぐ効果はありませんが、発症後の症状を軽減してくれるので、感染症対策として有効です。
 
そして最も重要なのがウイルスや細菌の感染経路を断つことです。ノロウイルスはワクチンがなく感染してからの対症療法しかないので、日頃の予防が大切です。
 
食中毒を起こすウイルスや細菌の感染経路は共通しており、汚染された食品を加熱不足で摂取した経口感染、発症した人間の便や吐しゃ物に触れて感染する接触感染、これらの飛沫を吸引して感染する飛沫感染、飛沫が空気中に飛び散って舞い上がり、それを吸引して感染する空気感染があります。
 
まず考えられるのは、食品や調理器具の殺菌です。食品に関してはサルモネラ属菌、病原性大腸菌、カンピロバクターなどの細菌に対しては75℃以上1分間の加熱、ノロウイルスは85℃以上1分間の加熱でほとんど死滅します。調理方法は食材の中心部までしっかりと熱を通す必要があります。生肉などを調理したあとのまな板や包丁、手指はしっかりと洗浄し、他の食品に触れさせないことが重要です。また、食材の消費期限と常温、冷温などの保管方法を把握し、それを守ることが大切です。
 
台所で使うふきん、スポンジなどは沸騰させた熱湯で殺菌を行うのがよいでしょう。鍋にお湯を沸かして、ふきん、スポンジを入れそのまま5分程煮れば殺菌できます。また、これらは消耗品と割り切って、こまめに交換してしまうのもいいでしょう。
 
まな板や包丁の調理器具、食器は洗剤できれいにしたあと、台所用の塩素系漂白剤による次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が有効です。とくにノロウイルスは消毒用アルコールに耐性があり効果がありませんので注意が必要です。
 
最近では有効成分の効果を高め、ノロウイルスのようなノンエンベロープウイルスなど幅広いウイルスや細菌の殺菌に対応した酸性アルコール消毒剤のハンドソープなども市販されているので、これらで手指を洗浄し、清潔に保つことが重要です。
 
ウイルスや細菌による感染症を防ぐには、それらの感染経路を断つことが何よりも重要です。常に手指を清潔に保つ、食材の調理方法や保存方法の確認、熱湯による煮沸消毒、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒など簡単に実践できる予防方法がありますので、ぜひ、普段の生活に取り入れてみましょう。